---

日本人と結婚している在留外国人の友人が離婚したいと言っている。
離婚したらどうなるのでしょうか?

日本人と結婚していることも、「日本人の配偶者等」として在留資格の一つに定められています(入管法別表第2)。
現在、離婚の話し合いや裁判中であるといった場合は、この話し合いや裁判が終了し、離婚することが確定して戸籍にその事実が記載されるまでは、「日本人の配偶者等」としての在留期間の更新が認められます。
また、離婚した後も在留期限までは日本に滞在することができるので、離婚したら直ちに「日本人の配偶者等」の在留資格が失われるわけではありません。したがって、離婚後の在留期限までに、本国に帰国するか、それとも在留資格の変更を申請するかを選択することが可能です。

日本人の配偶者と離婚し、在留期限が経過した後も日本で暮らしたいという場合は、「日本人の配偶者等」としての在留資格を変更する必要があります。
他の在留資格に変更できる場合としては、具体的には下記のように、

等があります。
いずれにしても、詳細な要件の判断が必要となり、変更後の在留資格も多岐にわたることから、弁護士などの専門家に相談されることをお勧めします。

千葉県無料法律相談ご予約センター 043-224-2233 または お問い合わせフォームより。小さなお悩みでもお気軽にご相談ください。 お問い合せフォームはこちら 借金問題に関しては無料法律相談実施中
千葉県無料法律相談ご予約センター 043-224-2233 または お問い合わせフォームより。小さなお悩みでもお気軽にご相談ください。お問い合せフォームはこちら弁護士事務所に無料法律相談

どのような事でお困りですか?

  • 不動産
  • 交通事故
  • 企業法務
  • 相続・遺言
  • 顧問契約
  • 債権回収
  • 債務整理
  • 労働問題
  • 建設紛争
  • 医療
  • 離婚問題
  • 親子・家族問題
  • 成年後見
  • 刑事事件
  • 犯罪被害者の支援
  • その他