勾留期間が終わるとき、どのような処分がなされるのですか?

勾留期間が終わるとき、検察官は、被疑者に嫌疑がない又は嫌疑が不十分だとして「不起訴処分」とするか、嫌疑はあるものの被疑者の状況や境遇を考慮して起訴しないことを決める「起訴猶予処分」とするか、裁判所に刑罰を与えるよう求める「起訴処分」とするかを決めます。また、これらの処分を保留にした上で被疑者を釈放する「処分保留釈放」という措置をとることもあります。
法は、起訴をしないときは、被疑者を直ちに釈放しなければならないと定めています。
なお、検察官が起訴を決めた場合でも、簡易な書類上の裁判を求める「略式請求」により起訴する場合は、勾留満期の日に釈放されることが多いです。

◆お知らせ◆
法律相談は、平日午前10時から午後8時30分までの間の相談枠(相談時間30分)にてお受けしております。法律相談のご予約は、下記電話番号にお電話をいただくか、下記相談予約フォームにてお申込み下さい。
まずは、お気軽にお問い合わせください。
法律相談ご予約番号043-224-2233、小さなお悩みでも、お気軽にご相談下さい。 相談予約フォーム 借金問題に関しては無料法律相談実施中
法律相談ご予約番号043-224-2233、小さなお悩みでも、お気軽にご相談下さい。相談予約フォーム借金問題に関しては無料法律相談実施中

どのような事でお困りですか?取扱業務一覧

  • 不動産(売買、賃貸借農地等)
  • 交通事故
  • 企業法務
  • 相続・遺言
  • 顧問契約(企業・個人)
  • 債権回収等(金銭貸借等)
  • 債務整理等(任意整理、破産、再生)
  • 労働問題
  • 建築紛争関連
  • 医療関連
  • 離婚等夫婦関連
  • 親子・家族問題
  • 成年後見関連
  • 刑事事件
  • 犯罪被害者の支援
  • その他