保釈が許可されたらどうなるのですか?

保釈が許可されると、被告人は自宅等に帰り、日常生活を送ることができますが、裁判所が定めたいくつかの事項を守らなければいけません。
一般的には(1)○○に居住しなければならない、(2)証拠隠滅と思われるようなことをしてはいけない、(3)無許可で海外旅行や3日以上の旅行をしてはいけないなどの遵守事項が設けられます。それに加えて事件の内容に応じた遵守事項が設けられることがあります(例えば、電車での痴漢事件で「○○線の電車に乗ってはいけない」など)。
定められた遵守事項を破ると、保釈が取り消されることや高額な保釈保証金が取り上げられてしまうことがあるので注意が必要です。

◆お知らせ◆
法律相談は、平日午前10時から午後8時30分までの間の相談枠(相談時間30分)にてお受けしております。法律相談のご予約は、下記電話番号にお電話をいただくか、下記相談予約フォームにてお申込み下さい。
まずは、お気軽にお問い合わせください。
法律相談ご予約番号043-224-2233、小さなお悩みでも、お気軽にご相談下さい。 相談予約フォーム 借金問題に関しては無料法律相談実施中
法律相談ご予約番号043-224-2233、小さなお悩みでも、お気軽にご相談下さい。相談予約フォーム借金問題に関しては無料法律相談実施中

どのような事でお困りですか?取扱業務一覧

  • 不動産(売買、賃貸借農地等)
  • 交通事故
  • 企業法務
  • 相続・遺言
  • 顧問契約(企業・個人)
  • 債権回収等(金銭貸借等)
  • 債務整理等(任意整理、破産、再生)
  • 労働問題
  • 建築紛争関連
  • 医療関連
  • 離婚等夫婦関連
  • 親子・家族問題
  • 成年後見関連
  • 刑事事件
  • 犯罪被害者の支援
  • その他