兄が殺人未遂で起訴されました。
裁判員裁判になるのはどういう事件ですか?

殺人未遂で起訴された事件は、原則として裁判員裁判となります。
裁判員裁判の対象となるのは、(1)死刑または無期懲役・禁固になることがある事件、または(2)故意の犯罪行為により被害者を死亡させた事件です。具体例として挙げられるのは、殺人、強盗致死傷、傷害致死、危険運転致死、放火、身の代金目的誘拐、保護責任者遺棄致死、営利目的での覚せい剤輸入などです。
もっとも、対象となる事件であっても、被告人が属する団体等が裁判員を脅すおそれがある等の理由がある場合、例外的に裁判官のみで裁判をすることもあります。

◆お知らせ◆
法律相談は、平日午前10時から午後8時30分までの間の相談枠(相談時間30分)にてお受けしております。法律相談のご予約は、下記電話番号にお電話をいただくか、下記相談予約フォームにてお申込み下さい。
まずは、お気軽にお問い合わせください。
法律相談ご予約番号043-224-2233、小さなお悩みでも、お気軽にご相談下さい。 相談予約フォーム 借金問題に関しては無料法律相談実施中
法律相談ご予約番号043-224-2233、小さなお悩みでも、お気軽にご相談下さい。相談予約フォーム借金問題に関しては無料法律相談実施中

どのような事でお困りですか?取扱業務一覧

  • 不動産(売買、賃貸借農地等)
  • 交通事故
  • 企業法務
  • 相続・遺言
  • 顧問契約(企業・個人)
  • 債権回収等(金銭貸借等)
  • 債務整理等(任意整理、破産、再生)
  • 労働問題
  • 建築紛争関連
  • 医療関連
  • 離婚等夫婦関連
  • 親子・家族問題
  • 成年後見関連
  • 刑事事件
  • 犯罪被害者の支援
  • その他