---

被害者側に弁護士が付いたようです。どうすればいいですか?

被害者側に弁護士が付いたということは、被害者としては、示談金や賠償額を厳格に請求しようとしていると考えられます。
そのような場合は特に、一個人で対応するのは困難です。
交通事故を起こしてしまった加害者側としては、謝罪を尽くすことは第一ではありますが、弁護士をつけたら誠意がないと思われるのではないか、といったことまで心配する必要はありません。
謝罪と賠償を尽くすにしても、その範囲内は、法律に基づいた範囲内で行うのが基本です。
ですから、きちんと賠償を尽くすためにも、加害者側としても信頼できる弁護士に依頼して、きちんと話し合いの場を持つことが重要といえるでしょう。

千葉県無料法律相談ご予約センター 043-224-2233 または お問い合わせフォームより。小さなお悩みでもお気軽にご相談ください。 お問い合せフォームはこちら 借金問題に関しては無料法律相談実施中
千葉県無料法律相談ご予約センター 043-224-2233 または お問い合わせフォームより。小さなお悩みでもお気軽にご相談ください。お問い合せフォームはこちら弁護士事務所に無料法律相談

どのような事でお困りですか?

  • 不動産
  • 交通事故
  • 企業法務
  • 相続・遺言
  • 顧問契約
  • 債権回収
  • 債務整理
  • 労働問題
  • 建設紛争
  • 医療
  • 離婚問題
  • 親子・家族問題
  • 成年後見
  • 刑事事件
  • 犯罪被害者の支援
  • その他