---

他社と継続的な取引の契約をしたいと考えています。
契約書はどのようにして作ればよいのでしょうか?

継続的な取引といっても、その内容は様々で、取引の内容によって、作成すべき契約書の性質も異なります。

まず、特定の相手方との間で、継続的に生じる取引の基本となる契約書のことを「継続的取引基本契約書」といいます。
例えば、商品売買基本契約書や、貨物運送契約書、 業務委託契約書などがこれにあたります。

次に、商品やサービスを提供することを得意とする会社でも、販路が少ないなどの問題を抱えていると、売上げが限られてしまいます。そこで、販路拡大のため、販売代理店に販売委託することが、実務ではよく行われています。その際に取り交わされる契約書のことを「販売代理店契約書」です。
ここでは、販売店に与える販売権と義務の内容が問題となります。具体的には、販売代理店がメーカー等から仕入れて転売する際に作成される「販売特約店契約書」、販売代理店がメーカー等に販売手数料を支払う形である「販売委託契約書」等、様々な取引形態と、それに伴う契約書があります。

このように、他社との継続的取引の内容に応じて、契約書も異なってきます。
最近では、ホームページ上で契約書の書式をテンプレートとして掲載しているものも散見されますが、そもそも契約内容と一致しない契約書を作成してしまっては、後々のトラブルになりかねません。
このような場合は、専門家である弁護士に相談して、きちんとした契約書を作成されることをお勧めします。

千葉県無料法律相談ご予約センター 043-224-2233 または お問い合わせフォームより。小さなお悩みでもお気軽にご相談ください。 お問い合せフォームはこちら 借金問題に関しては無料法律相談実施中
千葉県無料法律相談ご予約センター 043-224-2233 または お問い合わせフォームより。小さなお悩みでもお気軽にご相談ください。お問い合せフォームはこちら弁護士事務所に無料法律相談

どのような事でお困りですか?

  • 不動産
  • 交通事故
  • 企業法務
  • 相続・遺言
  • 顧問契約
  • 債権回収
  • 債務整理
  • 労働問題
  • 建設紛争
  • 医療
  • 離婚問題
  • 親子・家族問題
  • 成年後見
  • 刑事事件
  • 犯罪被害者の支援
  • その他