被害者参加して裁判に出席したいのですが、姿を見られたくありません。

被害者参加をすると、傍聴席ではなく、バーの中に入って、検察官の横などに座って裁判に出席することができます。
もっとも、被告人や傍聴人に姿を見られたくない方などのために、遮へいの措置に関する制度が設けられています。すなわち、心身の状態その他の事情を考慮して、裁判所が相当と認めて許可した場合には、被告人と被害者参加人との間、あるいは傍聴人と被害者参加人との間に遮へいの措置(姿が見えないようについたてが立てられる)がなされます。
なお、心身の状態その他の事情を考慮して、裁判所が相当と認めて許可した場合には、適当な者を被害者参加人に付き添わせることができます。

法律相談のご予約やお問い合わせは 043-224-2233 または お問い合わせフォームから お問い合わせフォームはこちら 借金問題に関しては無料法律相談実施中
法律相談のご予約やお問い合わせは 043-224-2233 までお問い合せフォームはこちら借金問題に関しては無料法律相談実施中

どのような事でお困りですか?

  • 不動産
  • 交通事故
  • 企業法務
  • 相続・遺言
  • 顧問契約
  • 債権回収
  • 債務整理
  • 労働問題
  • 建設紛争
  • 医療
  • 離婚問題
  • 親子・家族問題
  • 成年後見
  • 刑事事件
  • 犯罪被害者の支援
  • その他