裁判所から訴状が届いた。どうすればいいのでしょうか。

裁判所から訴状が届いたら、まずは信頼できる弁護士を探しましょう。

裁判は、被告、つまり訴えられた側に対する訴状の送達によって始まります。裁判所の封で、訴状が届いた場合には、まず中身を確認しましょう。そして、訴状の内容が、たとえ身に覚えのない事実であっても放っておいてはいけません。訴状を無視して、答弁書という書面を出さず、最初の裁判の日(第1回弁論期日)に法廷に行かないと、原告、つまり訴えた側の主張を争わないものとみなされ、裁判に負けてしまう可能性があるからです。裁判に負けてしまい、それが金銭に関する訴訟であった場合には、預金・給与、取引先に対する金銭債権などを差し押さえられてしまう恐れもあります。

適切な対応をとるためにも、信頼できる弁護士に相談することが大切です。

◆お知らせ◆
法律相談は、平日午前10時から午後8時30分までの間の相談枠(相談時間30分)にてお受けしております。法律相談のご予約は、下記電話番号にお電話をいただくか、下記相談予約フォームにてお申込み下さい。
まずは、お気軽にお問い合わせください。
法律相談ご予約番号043-224-2233、小さなお悩みでも、お気軽にご相談下さい。 相談予約フォーム 借金問題に関しては無料法律相談実施中
法律相談ご予約番号043-224-2233、小さなお悩みでも、お気軽にご相談下さい。相談予約フォーム借金問題に関しては無料法律相談実施中

どのような事でお困りですか?取扱業務一覧

  • 不動産(売買、賃貸借農地等)
  • 交通事故
  • 企業法務
  • 相続・遺言
  • 顧問契約(企業・個人)
  • 債権回収等(金銭貸借等)
  • 債務整理等(任意整理、破産、再生)
  • 労働問題
  • 建築紛争関連
  • 医療関連
  • 離婚等夫婦関連
  • 親子・家族問題
  • 成年後見関連
  • 刑事事件
  • 犯罪被害者の支援
  • その他